2007年05月12日

ち様とテンペ五日目。

全くもって普通に食べ始めました。

食材の切り替えも、五日間あれば楽勝という事でしょうか。
催促はしないまでも、ごくごく普通に咀嚼しています。

そうそう、腹肉が解消されたと喜んだのもつかの間、今度はくびれが出来ました。
くびれたなー、と思っていたら、その部分の皮が落ちて再びおなかがたるたる。
……その皮が無くなったら肥満解消なのね。

ち様は現在、減量中。
トラブルなく健康に過ごして頂くため、あまりコロコロしたのは考えものってヤツでして、先生にも「これ以上はねー」と言われてしまう始末。
「この辺で体重止めてね」と減量サポート食まで頂いた手前、もはや猶予はないものと。

まぁまも現在努力中。腹肉落とさにゃ服が着られんのでございますよ。えらいこっちゃーー。

ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

テンペまだ続く。

本日はいわしとササミとテンペ。
相変わらず不評。
けれども、何とか口にするようにはなりました。
私が見てると。

……千歳さん、君は居残り給食で先生と一対一になってるお子様かね。
寝るときにケージに入れる生活が相も変わらずなのですが、食べないのでケージにもテンペ食を入れます。
そうすると食べるんですが。

……朝方、砂かけ動作をするんですよ。
なので一度は起こされます。

とりあえず、3日間継続して食べさせてみました。
予定変更して、このまま6日間突っ走ってみようかなと思います。
そうじゃないと、我が家の冷蔵庫がパンクする……!!(諸事情ω)

とりあえず、世のフードの切替に悩む皆様へ。
3日間食わなければ諦めてあるものを食べ始めます。
よほどの肥満でなければ特に心配する必要もございません。
断固として食べさせる姿勢ってとっても重要。
こっちの方が良く食べるから好きなのでは? というのは、そりゃー猫の嗜好をよく分析した結果、いろんなごまかし効かせて作ってるだけなので、健康を考えてあげるなら、食いつきを基準としたフード選びは間違っていると言えます。

って書くと長くなりそうなのでもういいや。
最近、人のフード選びは人の感性で選んでるだけだから、もうどうでも……という気分になりました。
女の子ならあまり気にする必要もないかもしれませんしね。
ただ、男の子がいるご家庭は要注意。
尿道が細いので、結石症の心配があります。

まぁ、そういうのは獣医さんに相談すればいい話だし、別にどうでもいいかー。
愛情もって育てるのが一番だしね。

そうそう、興味深い本を読みました。
真に未来を変えられる人は、自ら実践できる人。
自ら道を切り開くだけの力を持つことが、望む未来を手に入れる力なのだと。
私も、自ら実践して発信していくことを念頭に置こうと思います。

つまり、「俺の後ろについて来な!」を世間は求めてるわけですね。

なにか不満があれば自分が立てということらしいです。

政治に不満があっても政治家になると結果的に目的が達成できないので、私は政党に絨緞爆撃を続けています。

日本の食料自給率を上げろー。
ペットフードにせめて飼料並みの基準を設けろー。
動物の処分を無くせー。
ペットの避妊去勢を義務付けろー。

月に一度は政党全てに電子メールでございます。
いつかは報われると信じたい。
結局、国を動かしてるのは政党なので、不祥事だ何だと世間で騒がれて失望されてる方もいらっしゃるかと思いますが、自分の主張を直接ぶつけるのも大事ではないかなと思いますよ。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

まだまだ続く。

ち様に懲りずにテンペを出した。

やはり不評。「これじゃないのー」と鳴くのですが。
半分くらいは食べてくれました。
おお、これは大いなる進歩ですな。

朝は相変わらず30gのドライフード、夕方はササミとかつおを中心としたテンペ食。
今日、ころっとした健康ンコ出ました。

こころなしか、腹がすっきりしつつあるような気もします。

おもちゃで遊んで元気元気、ち様絶好調ですよー。

絶対に食わない、という態度ならどうしようかと思いましたし、ここまで抵抗された食材はなかったのでどうしようかとも思いましたが、食べてもらいたいものを食べさせるというのも必要なことでございましょう。
今回はいい経験だったと思います。
ただ、やはりこの匂いがダメなんでしょうか、千歳はイマイチ好きではないようですが、口に入ったら丸呑みしているようです。(猫様は基本丸呑みでございます)
納豆がイケたので楽勝かと思いましたが、ちょっと抵抗しましたねー……。

大丈夫、この後、ワンフーさんのフードも控えてます。
うちのフードは食いつきが……って仰ってましたが、大丈夫、テンペよりは好評ですよ。

そんなこんなで、ち様は元気にテンペを食しています。
食べないから与えない、食べないから買わない、食べないから食べさせない、それではいつまでたっても粗悪製品の排除になりませんし、まだまだち様若いので、食に対する意識が固定化される前にいろいろ食べさせたいと思うのでございますよ。

ところで、そんな千歳さんでございますが、ここ二日甘えっぷりが可愛らしくてまぁまメロメロです。
腹出し半ひねりでなぁーん、って鳴いてみたり。

……腹出し半ひねりってすごいよね……。
想像がつかない方に説明すると、あごは床についてるのに腹が天井を向いている状態のことです。
長いです。そしてひねりです。
何故それだけひねりが入るのにくびれが消失しかけているのかねち様。

ところで昨今、更新が遅れてまして申し訳ありません。
そして文字ばっかで白くてピンクで申し訳ない。

……実は今ちょっとうちのMacの紗雪たんが調子が悪くて。
調子が悪いのは、データをたっぷり保存しすぎてるだけだと思うので、特にデータ量の多い写真をなんかのメディアに移そう思います。
今週末作業予定に付き、皆様もうしばらく文字ブログをお楽しみ下さい……。
ニックネーム 葉月 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

テンペ不評。

先日、ペット博に行ってきました。
そこで貰った発酵プランツミート。


↑これのビンじゃない方。

おからをテンペ菌で発酵させたモノで、わんこの主食に使うと良いらしく、猫も食べられるから、と頂いてまいりまして、以下のレシピで食べさせてみました。

■花ささみ
■発酵プランツミート
■かつお
■マカ
■キャットニップ生葉。

1cmくらいの厚みの板状のものなので、細かく刻んで与えてみましたが……。
不評でございます。

んー、水を吸わせたらおしまいらしい。
断固として、これ以外は出さん!という態度で臨みましたら、それ以外のものは食べたんですけど。(綺麗により分けてかつおは食べた)
そして少しは諦めて食べてましたけど、もりもり食べるとはいきませんでした。
そして、「ままー、おなかすいたよーぅ」とすりすり。

ちなみに、おなかすいたよぅ、は食卓に残っていた、ホッケの開きの骨を奪って食うという暴挙に出ましたが、取り押さえておやつと一緒にケージに入れましたら諦めました。
まぁ、ダイエット込みのデトックスということで、発酵プランツミートの在庫ある限りしばらくおやつに出したいと思います。
二日食べさせたら二日休んで……という感じで。計16日のプログラムでございます。
少しはかさが減るといいんですけど……ち様……。

まぁ、千歳も、これを食わねばごはんは出ないということをよく理解したと思うので、本日も頑張っていきたいと思いまーす。

ちなみに、味見してみましたが、もっさりとして独特の匂いがあり、私はあまり好きではありませぬ……。

ちなみに、他にもサンプルを頂戴しました。

http://www.petmizu.com/

↑ここの、ねこ水。あとイオニオンお手拭き。



Beauty Cat Premium



セレクトバランス

まぁ、他にも山盛りありつつ袋満載で帰って参りました。

ねこ水はちょっと使用感気になります。
ニックネーム 葉月 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

ち様のごはんプログラム。

現在、ち様は一日55グラムのドライフードを食べています。

……太りました。

……50グラムに減らしてダイエットしなくてはいけないなと思っております葉月です。

今後のダイエット計画は以下の通り。

・ドライフードは45グラムまで減らす。二週間ごとに5グラム落としていく。

・ウェットフードで満腹感を演出。ダイエットは辛くないよち様ー!

・目標体重は、3.5〜4kg。体形との兼ね合いでダイエット期間終了とする。目標期間は特に定めない。

・ゆったりのんびりやりましょう。そのうち痩せるさ。

ということで。
ちょっぴりち様ダイエットに入りたいと思います。
すっかりもりもりお肉がついてしまって、最近俊敏でないというかなんというか……お気に入りの場所に上がれなくなってしまったのよね……。それはちょっとかわいそうです。
もともとどんくさい猫様なので、怪我する前にダイエットしよーねぇー。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

千歳様の食卓

最近、ち様のごはんが多様化している。

とニュース調に言いたくなりますのも、先日「わんのはな(webショッブ名・ウィズワン・ドット・コム)さん」に頂戴した、フリーズドライ納豆が割と受けたからでして。



「わん納豆」と言うらしい。
ちなみに、フリーズドライなので、触った感覚は鬼うち豆に似ています。
ドライフードにさらさらーっと混ぜられちゃいますとも。

他にも、

本マグロジャーキーに、



馬刺ドライ。



ささみドライ。

……なんていうか、ち様のためにあるような(違)ショップでございますこと(だから違うって)

まぁ、そんな冗談はさておき、ち様が元気になるためのおやつであれば、散財したって何のその。
まぁま破産しない程度にいいもの食べさせてあげるわー。

とりあえず、3日に一回はドライフードは納豆ミックスで。
おなかかもせば健康健康ー。
ニックネーム 葉月 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

飴色ささみ

ささみ.jpg

今日もち様のおいしいおやつー。
飴色平たい丸ごとササミー。
大好きだから思わず、

まぐ。.jpg

「がぶぶぶぶぶー」

まぐまぐ。.jpg

「がむむむむむー」

まぐまぐまぐ。.jpg

……肉食獣。
嗚呼肉食獣、肉食獣。

むぐー。.jpg

最初はちまちま切ってあげてましたが、切るのが大変なのと、切ると丸呑みしてしまうのとで、最近はおやつタイムをゆっくりじっくりふたりで過ごしております。
静かなお部屋に、「むしっ、ふはー、ふはー、むしりっ、ぶちっ」という人間が固いビーフジャーキー食べてる時と同じ音が響きます。
ふはー、ふはー、むしりっ、むしりっ

ち様、最近は、とてつもなく獣度が上がっています。カワユスなぁ。
獣度が上がると同時に、親密度も急上昇です。カワユスなぁ、カワユスなぁ。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

■ペットフード大量リコール・続き

メニュー・フーズ社による、OEM製品ペットフードの大量リコールの続きを追ってみました。

まず、今回、何故大量のリコールが発生したのかという問題から追っていくことにします。

OEMとは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/OEM

メニュー・フーズ社は、いろいろなブランドのペットフードを、委託されて製造していた企業です。
つまり、今回リコールの対象が40種類以上・6500万個に及んだ理由は、一つのメーカーが自社工場で作った製品がリコール、なのではなく、いっぱい委託生産を請け負っていた会社のリコール。
また、リコールにあたりメニュー・フーズ社は、その詳細について(ものすごい意訳しますが)
「詳細は分からないが、当社で製造した製品で健康被害が起きている。念のため、同一原材料を使用した製品を全て回収する」
というスタンスのようです。
……このあたりが、日本企業と違ってみみっちくない(失礼)ところだなと思った次第なのですが。
(つい最近も、日本企業の食品に関する不祥事で、後から後から対象品が増えるという悪夢のような現実を目の当たりにしておりますので……)
その他にも、メーカーにて、被害は出ていないものの安全の確保を最優先として、念のため回収している製品もあります。

ということなので、該当ブランドを食べさせてしまった、とあわてていらっしゃる皆様は多いかと思いますが、いつもの健康状態から変わったところはないか等を注意深く観察し、製品のロットナンバーを確認した上でプレスリリース(メニュー・フーズ社のもの原文で)を参照した上で、可能であればメーカーの国内代理店へ連絡し、その後の在庫をどうするかをお決めになったほうが宜しいかと思います。

16日の第一報から、5日が経過し、各メーカー国内代理店とも、プレスリリース等で国内製品の安全宣言を出しました。

ヒルズ・コルゲート
http://www.hills.co.jp/news/reca070319.shtml

ニュートロの国内正規代理店レッドハート社
http://www.redheart.co.jp/
「メニュー・フーズ社によるペット商品のリコールについて」を参照

アイムス・ジャパン
http://www.iams.com/ja_JP/jhtmls/home/sw_Home_page.jhtml?localeid=ja_JP&brandcode=I&pagetypeid=HP&breedsizecode=&lifestagecode=
会社概要→プレスリリース
「米国・カナダでのMenu Foods, Inc. のペットフードの自主回収に関して」


ただ、今回やはり、各メーカーとも、日本向けの発表は後手に回ってしまった部分が多々あったかと思います。
リコールの発表後、日本国内代理店が何の発表もしなかった件、現在は安全宣言が出されているとはいえ、何も情報がない中で心配を続けた消費者の中には、対象ブランド離れの動きが少なからず見られます。
即座に対象リストを洗い出し、データを照合して発表しておけば、と思う部分もありますが、それは過ぎたこと。
今後、メーカーがどう挽回するかが、注目されます。

今回、この件に関して検索をかけると、個人ブログからの不安の声の発信が数多くみられます。
不安に思う点で数多く挙げられるのは、

・国内での公の機関からの情報がない(ネットニュースの話題は先行したものの、新聞、TV等での大きな取り扱いがなかった)
・国内代理店が何も公表しない
・英語が読めない(……Yahoo翻訳とか使ったりしても、今回のニュースは訳が分からなかったのは確かです。自分で辞書引かないと正確には把握できませんでした)
・OEMという考え方が浸透していなかったためか、一度に数多くのメーカーの商品がリコール対象になったことで、その理由が分からず混乱した。(私は、原材料をの供給元が一緒なのかと、少し間違った解釈をしました)
・ペット用品販売店でも、そういった情報がなく、口コミでリコールの情報だけが伝わっていた。
……これは、国内代理店も信用回復は大変だろうなと、検索した結果だけでも思ってしまう次第です。

その後この事件がどうなっていくか、やはりそれも、全く情報がないので困ってはいますが、アメリカの公の機関が調査に入っているので、その結果を何かの手段で知ることが出来るものと期待しています。

ちなみに、各メーカーの発表の内容ですが。

■ヒルズ
猫缶5品目がリコール対象。
リコール対象での被害なし、安全のため自主回収。
該当製品の国内向けの流通はなし。

■ニュートロ
猫用製品では、一部パウチ商品がリコール対象。
リコール対象での被害なし、安全のため自主回収。
該当製品の国内向けの流通はなし。

■アイムス

猫用製品では、一部パウチ商品・猫缶がリコール対象。
自主回収。(アイムス社ブランドでの被害があったかどうかの明示なし)
該当製品の国内向けの流通はなし。

■ピュリナ(ネスレ)

国内代理店での発表なし。
※猫用製品の回収なし
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ペットフードリコール。

アメリカで、ペットフードの大規模リコールがありました。
対象製品一覧をご覧頂いた方は、日本でも馴染み深いブランド名を見つけていらっしゃるのではないでしょうか。
私も、いくつかの有名メーカーのブランドを見て、青くなった一人です。
それは決して、うちの子に対象製品を食べさせているからではないですが、
「国産フードより質が良い」とされ、愛用されている方も比較的多いブランドがいくつか含まれることに対してのショックでした。
具体的には、ヒルズとアイムスとニュートロ。上位ブランドであるユーカヌバも含まれるアイムス社はだいぶんブランドイメージを落としたのではないでしょうか。

実際に、リコール対象製品が出てしまったブランドでは、いかに国内製品に問題がなくとも、今回の騒動に対して国内の情報があまりに少なく(むしろ、ネットがなければ情報は全く入ってこなかったのではないかと懸念するくらい、国内で大きなニュースになりませんでした。)、各メーカーとも、対象製品が国内販売されているか否かを含め、メーカーとして一般消費者向けへの正式な発表が遅かった感が否めません。
また、その発表そのものも大きなものでなく、もしかしたら、ヒルズやアイムスがいけない、と思ったままでいる方もいらっしゃるかもしれません。
ネットでは、最初にリコールの情報が出てから、情報は錯綜し、ブログ等でこのニュースを取り上げて情報を広く発信した方々も多いかもしれませんが、多くの場合、第一報だけが大きく伝わり、事の顛末や、収束の状況はあまり広まらない傾向にあります。
もし、今回メーカー各社の国内代理店が、この騒動を対岸の火事として国内の顧客対応に重点を置かないのであれば、第一報で伝わった、ヒルズ・アイムス・ニュートロ・ユーカヌバ、というブランド名だけが一人歩きし、ブランドイメージが大きく損なわれる事態も想定されます。
特に、第一報の時点では、「ウェットフードのみがリコール対象」という明確な情報すらはっきりしていなかったかと思います。
一瞬、ありえないとは思えど、家の在庫のドライフードを確認してしまったほどです。

私が懸念しているのは、この騒動で、「外国のフードはダメ」「ヒルズもアイムスもニュートロも怖いから違うメーカーにする」という流れが起きてしまうことです。
通常、高い意識を持たれているオーナーさんが、これを期にフードを、自分がより良いと感じた基準のフードに切り替えられるのであれば、それは歓迎すべき流れであると考えます。
より質の高いフードを消費者が求めているとなれば、メーカー側は必ずそのニーズに合わせた製品を発表します。
そういった意味で選択肢がどんどん広がることに対しては、私は大歓迎いたしますが。
特に、私は購入していないとはいえ、ヒルズやアイムスに関しては、病院などで推奨され、かつ品質としても普段食べさせ続けられるだけの信頼があります。
実際、よく分からないままに、「病院で言われたから」等の理由で該当メーカーを選んでいる方は少なくないと思います。
かつて、私がそうでした。
今回は、製造請負先にトラブルがあったとはいえ、もし、健康で長く病院にかからず済んでいる家族が、なんとなく該当メーカーのフードを食べていて、この一報を耳にしたとき、不安に思って手軽に手に入る国産の安いフードに流れてしまわないかと、そこが心配の元なのです。
ある程度、フードについての勉強をされている方なら、他のメーカーに切り替えるにしても、プレミアムフードを選んでいただけることと思います。
ですが、そこで、なんとなくヒルズ、なんとなくアイムス、という方がこの問題に直面したとしたら。
第一報のみで判断し、急に立ち寄ったスーパーで違うメーカーのフードを手にしたら。
……各社国内代理店の皆様、及び、国内の子会社様。
この点については、普段貴社のユーザーでない私も懸念しております。
どうぞ、安全であるその理由、自社の製造についての課程をお示しの上、安全宣言をしてください。
そうして大々的に話を伝えませんと、きっと数多くの消費者が他メーカーに流れます。
特に、最近は一般のスーパーでも、安い価格帯のフードに混じって、ヒルズ製品・アイムス社製品が買えるようになりました。
逆を言えば、この二大製品が危険だと思い込まれた方は安い価格帯の他社製品に流れるしかなくなってしまいます。
早急に、国内向けの安全宣言を大々的に行う必要があるかと思います。
これは、悪い勘繰りですが、公表できないような状況があるとは思いたくないのも事実です。

これを期に、世界的にペットフードの基準の見直しが行われますように。
もちろん、日本においても、その基準が過たず適用されますように。
小麦のグルテンが原因ではないかと言われていますが、本来猫は、穀物は全粒を摂取しないと栄養素として体内で利用することが出来ません。
それ以前に、完全肉食動物である猫には、穀類は消化の難しい食物です。
穀物からではなく、鮮度の良い肉類より栄養素を摂取することが望ましく、言い換えれば、鮮度がよく状態の良い肉から栄養素が摂取できれば、穀類から栄養素を摂取する必要はありません。
良質な肉で補えるはずの栄養を、どんな理由があったにしろ、穀類で代用したことで今回のリコールが起こったのであれば、それは各動物本来の食特性を考慮していれば起こりえなかった事故であり、そういった原材料を使い製品を作るよう指定したメーカーの責任も厳しく問われるべきと思います。

ここからは全くの推測ですが。
犠牲になった動物たちの多くが腎不全を起こしていること、小麦グルテンが原因ではないかと考えられていること。
もしかして、人が食べられないような、人用としては決して認められない、基準値を超えた残留農薬の検出された小麦が使われた可能性があるのではないかと、勘繰ってしまいます。

人だけに優しいんじゃない、生き物全てに優しい世界になりますように。
自然にも、生き物にも、みんなに優しくあれば、こういったことは起こらないはずですのに
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

タワー

タワーが建ちました。

キャットフードタワー.jpg

ででんっ、と建つは、キャットフードタワー。
約50cm。
あおろうかとおもったら、テーブルにあごをぶつけて涙目になったのでこれでご容赦くださいω

上から、
■容器に入りきらなかったごはん
■いつも取り出しをする容器
■下2段は保管用。取り出し容器になくなったらここから補充します。

千歳ー、一杯食べるんだよー。

ちなみに、この小分け袋は、ごはんを食べてもらった後、トイレ掃除用にリサイクルされています。
(千歳トイレから人間トイレまで、猫砂は使い捨ての袋で護送されています)
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ささみ

千歳はササミが大好きです。
魚よりササミ派らしいです。
魚缶、最近食べてくれません……。

ぷい。.jpg

ちーも血合いは飽きました

そうですか……。

猫缶.jpg

この猫缶。
人間用マグロ油漬け缶を作る際に出る血合いの部分を缶詰にしたモノで、人間用と同じラインで作っています。
風味が劣るのと、味がついていないだけで、もちろん人間も食べられます。
……非常袋に入れて、いざとなったら人間が食べるのもいいかもしれない。
そして、周囲から奇異の目で見られるに違いない……。
普通猫缶もしゃもしゃ食べる人はいないし、たとえおなかをすかせた子供が食べたがっても、猫のものに手をつけさせる親はまずいないだろうし。
非常袋の中身を使って味付けするとしたら……塩とマヨネーズつけると結構おいしいんですけどねぇ。(人間用食料は、塩・チョコレート・マヨネーズ・コンデンスミルクの三種類。佐久間式ドロップスも入れるか検討中。欲を言えば醤油とオリーブオイルも欲しいところで)

そんなことはさておきですね。
ち様のお気に入りおやつは、厳選鶏シチュー。

食べた後、しゃきーん、と顔を上げて、「おいしかったー」と報告しに来ます。
可愛いやつめー!!
これか、ササミ姿干を食べないと気がすまない模様で。
ササミがないと、悲しそうな顔して足元で「なーん……」とか細く鳴きます。ぐはぁ。
さしづめ、「まぁま、今日はササミはないの……?」と物悲しげに上目遣いされてるわけでございまして。
「うちは貧乏なの? それならちー我慢するよ?」と気遣われるくらい激しくダメージを食らいます。
うっかり切らせません……。

しかーし。どうやら現在ショップでは欠品中の模様。
千歳の、切らしたときの視線が怖くて、日々リロードしまくりながら入荷を待っておりますですハイ。

こんな風に猫に踊らされる日々を送る葉月を、周囲の方々は、哀れなものを見るような目でご覧になられていらっしゃるのだろうなとちょっと思ってみないこともない今日この頃。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

フードストッカー

ドライフードは酸化しやすい。
故に、開封したら短期決戦になる。

そうでなくとも、酸素に触れさせない努力は必要で(何故なら油分が大変酸化しやすく、酸化すると栄養素として変質してしまい、発がん性が出たりするからなのです)、うちでは、フードは小分けにして密閉容器に入れて、可能であれば脱酸素剤も入れてある。(シリカゲルも入ってますけど)
フード袋はダイソー製。30枚入りでございます。
一日一袋なので、体重管理もばっちりさー。(たぶん)

小分けごはん.jpg

さて本題。
この前、大袋でごはんを分けて頂いたのですが。

ホリスティックブレンド.jpg

まずはこの大袋の保管を考えなくてはなりませぬ。
どうも、口についているジッパーだけではち様が匂いをかぎつけてしまい、袋をかじるのです。
えぇ、もうばっちりと穴が……。
こうなったら、ガムテープで補修は一時的なもの。
酸化する前に、その部分も含めて保管をしなければ。

ということで、フードストッカーを発注。
……したいのですが。
4kgは大きい。

かといって2kgは今後使うとして微妙に使いづらいサイズ。

3kgが欲しいけど、ない……。
困りましたねぇ、ち様。どうしましょ。

考えるち様.jpg

とりあえず食べればいいと思う。

……なんだか解決しそうでしない答えを視線そらしてお答え下さってありがとうち様。
とりあえず、ち様メシはしばらくホリスティックブレンドなので、いっぱい食べてくださいまし。

しかし。4kg箱買って、普段はおもちゃ入れとかにしておけばいいのか?
悩みどころでございます、本当に。

……どうする、私。

やっぱアレか、いまどき布団圧縮袋を買うべきなのか。
掃除機とかで吸っちゃえばいいのか。
コンパクトに圧縮して保管、あとは脱酸素剤にお任せとか。

……うーん、うーん、うーん……。
やはり、脱酸素剤は必須だな。
良い方法を考えなくてはなぁ。

ウニ頭の葉月にアドバイス求むω
欲を言えば、もう部屋に物は増やしたくないです……。ハイ。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

千歳とパウチと缶詰と。

さあ、お約束の三月です。

ち様の猫缶を発注しなければなりませんことよ。

今現在のち様お気に入り(パウチ系)
ねこたまの贅沢
・まるごとササミ(ノースペット・生活クラブ消費材)
・まるごとビーフ(同上)
・まるごと砂肝(同上)
・ササミ姿干(同上)
このあたりまでは、素材がいいものだし納得なんですが。
一つ、納得いかないものが……。
いえ、素材がいいのは分かるんです。
栄養バランスも副食としてはそこそこいい数値です。
70%牛肉っていうのも、お気に入りポイントであると思います。
けど、けどね、ち様……。
……ノースペットさんのドッグフード……お気に入りなのよね……。
ち様は猫様だったと思うの。
……ドッグフード、お気に入りなのね……。

まぁ、あくまでおやつなので。
主食でなければ別に、栄養素の問題は発生しませんけど。

……ち様は猫様だったと思うんですの。

ちなみに、生協のラインとはまた原材料、製造基準が変わってきますが、ノースペットさんはグランミールというシリーズラインを持っています。(ex:グランミール ササミ100%)
前は、ノースペットさんでも通販しててくださったのですが、現在は「快適ねこ生活」さん、快適いぬ生活さんのみでお取り扱い中。
件のドッグフードもあります……ω
この粒の形までそのまま同じですよ……。
メーカーさんは、「猫ちゃんも食べて大丈夫、70%がお肉ですから!!」
と太鼓判。


この、「快適ねこ生活」さん、快適いぬ生活さんは、どちらも同じ会社の経営で、どちらの商品も欲しいとき、同梱をお願いすることも出来ます。
猫ごはんついでにグランミールのドッグフード買う、なんてことも出来ますω

でも、この前、母がこのノースペットさんのお話聞いてきたんです。
その資料から、フード業界のいろんな制約、ペットフード工業会の話、食材の話まで、多岐にわたる話をしてくださったとか。
私は、残念ながら前日に「明日講演会が……」なんて言われてしまい、仕事休む予定だったのに行けなくなってしまったので、残念ながら参加できませんでしたが、次回いらっしゃるときには絶対参加してやると心に決めておりますω
生産者交流会、もしくは、生産者講演会という形で、生活クラブ生協に協力しているメーカーさんのこだわりのお話が聞けたりするので、組合員であれば、その業界、そのメーカーさんと直でお話が出来ます。それは、大変なメリットと考えます。
今回、ノースペットさんではまだキャットフードを作ってはいらっしゃいませんが、チキンベースでのフード作りを考えていらっしゃるとのお話があったとのこと。
生活クラブで扱うものは、たとえペットフードであっても自主基準に基づく安全性を確保します。
http://www.seikatsuclub.coop/safe/system.html
人間が食べている市販食ですら危うい時代、我が家は古くから生活クラブを選択していましたが、その基準が全ての家族の食事に適応されるというのは願ってもない話です。

……話がずれました。
ち様が食べているものは、そんなわけで葉月こだわりの品々です。
そこへ、新しいものを取り入れていくのは、ち様の好みや合う合わないの面があるので慎重にならざるを得ません。
ですが、取り入れていかないと、困った事態が起きてしまったりすることも事実でして。
たとえば、先日のMKスエマツさんの倒産。
自社製品の販売で、利益が出ているもしくは在庫がある場合には販売は継続するだろうというアタマがあったのですが、webサイト等の休止があり、あの直前に買い込んでおかなかったら、ち様はしばらくねこたまの贅沢食べられないところでした。
また、今回は、倒産でそのまま製品が買えなくなる可能性もあったわけで。
ち様の食生活に安定した潤いを供給し続けるためには、どうしても一箇所からの供給では不安があります。
かといって、「うちの子はこれしか食べません」の偏食を許すのも宜しくない。
「これはとっておき」を作っておくことも良い。
全ての状況を、こうしといたらいいよね、というアバウトなコントロールのもと管理している葉月でございます。
今回の猫缶お試しは、そのアバウトな流れの中の一環。
「とっておき」猫缶を求めて、一人と一匹で大海原へ、猫缶求めて船出するのでございます。
今回の選定についての前提は、

■非常袋に備蓄する猫缶

そんなわけで、開けやすさ、食べさせやすさ、ち様の好み、(缶ですからパウチよりはマシですが)ショックに対するパッケージの強度等も総合的に考察していかねばなりません。
災害時は、いつもと違う環境や、大きな異変のあった後、ち様は大変なストレスに晒されてしまうことでしょう。
そんな中でも、抗えないほど食欲に訴えるごはんがあれば、きっとおなか一杯で幸せー、だと思うのです。
人間、おなかすいてたら思考がみみっちくなっていけません。
腹が満たされれば心も満たされるもの。
環境は致し方ないにしても、いつもと変わらないよ、おいしいご飯があるよ、と分かれば少しは安心してくれるはず。
……たとえ葉月が会社で被災したとしても、3日あれば帰宅できるでしょうし……。
(会社に詳細地図等は用意しているけれど、距離がかなりあるので一日で帰り着く自信はないです。根性入れれば翌朝くらいには帰り着くかもしれないですが)

ということで、この非常袋の中身に、詰められるだけまぁまの愛を詰めて、ち様には快適に過ごしていただきましょうという魂胆です。
……人間用非常袋だってこんなに考えたことないですよ。
そもそも、葉月の部屋に人間用非常袋はありませんω
父の部屋にありますが、あれはどう見積もっても一人分でございましょう。
対して、ち様用には、災害用の備えをしっかりしてあります。
http://chitose299.a-thera.jp/article/677610.html
今回は、この非常袋の更改でございます。

まず、バッグに反射テープを張ります。
見つけやすいように。
テープを貼る、というよりは、縫い付ける、が正しいです。
キャリーケースにも、このタグを貼ります。
本来、非常袋は部屋から脱出するルート途上にあるのが望ましいとされていますが、都合上うちはち様ケージ上に置いてあります。
更には、中身の整理整頓を。
そういえば足りないんじゃないかなと思われる移植ごても、今回荷物に追加。
まぁまの一時食料である、チョコレートとコンデンスミルクも追加。
3日あれば、インフラもだいぶ整備されるはず、それまでまぁまが持ちこたえるための食料。
3日で人のご飯は安定供給されても、ち様ごはんが手に入れられるようになるまではしばらくかかるはず。
ドライは10日分。缶詰は5日分の備蓄です。
ドライは400グラム袋。
缶詰は五個。
それを、今回倍にしようと思います。

たった五個の選考のために大量の猫缶を発注してるわけですが、これもち様への愛。
お気に入りはメモして皆様に公開しますので、どぞご期待くださいませ。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

気になる猫フード。

えーと。
えーと。
財布から出血しそうな価格の嵐に、現在葉月はくらくらしています。
と言いますのも、用意してあります非常袋の中の缶詰をあらためておりまして。
そろそろ期限が心配なものが出てまいりました。
しかし、前回用意したときは、備えていても中身には全くこだわっていなかったため、現在ではち様はこれを全く食べなくなってしまっており、まったくもって備えの意味がない。
ということで。
備蓄猫缶の更改の時期を早めまして、在庫の入れ替えを行おうと思ったのです。
で、検索した結果。

んー、んー、んー、……猫缶って高いのね……。



果たして葉月は何を買うつもりでしょうか。
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

誕生日の贈り物

チャヌ様に誕生日プレゼントを頂きましたよ。

千歳はもふもふさん大好きです!!




もふもふまふまふー!!
ものすごい勢いで遊んでおります。




他にも頂いちゃった!!
ニックネーム 葉月 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

猫様の栄養学〜必須栄養素・脂溶性ビタミン〜

本シリーズもこれで最後。

猫様の栄養学最終章でございまーす。


【脂溶性ビタミン】
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

猫様の栄養学・水溶性ビタミン

集中講座の用な様相を呈して参りました、猫様の栄養学。
今回を含めてあと2回なので、頑張りましょうね、ね?


☆★ビタミン★☆

ビタミンは、微量で体の生理機能を調節し、代謝を円滑にする働きを持っています。
細胞交代のバランスを保ち、病気に対する抵抗力を高めると共に、酵素システムの重要な要素でもあります。
また、ミネラルを骨や歯の構成要素に変換するのを助け、赤血球の生成や、生殖作用にも影響を及ぼし、食欲や健康な皮膚の維持を助けます。
ビタミンは一部を除き体内では合成されないため、食品として摂取しなければなりません。
その上、微量で体内で働くことや、相互に助け合って働きを強化していることも多いので、普段からバランス良く摂るように心掛けることが必要です。


ビタミンは、油溶性ビタミンと水溶性ビタミンに大別されます。
ビタミンA、D、E、Kは油溶性で、体内に蓄積されます。
油溶性ビタミンの過剰摂取は、猫にとって有害になることがあります。
水溶性ビタミンは、ビタミンB複合体とビタミンCです。
これらは体内に蓄積されず、代謝されなかった分は、尿中に排泄されます。
したがって、水溶性ビタミンは毎日摂取する必要があります。
ビタミンの項では、水溶性と油溶性と大別して掲載します。


【水溶性ビタミン】
ニックネーム 葉月 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

猫様の栄養学〜必須栄養素・ミネラル後編&灰分〜

前後編ともったいつけてお待たせ致しております、猫様の栄養学でございます。
葉月は片付けられるときにがつがつと消化してまいりますので、皆様消化不良を起こされませんようにー。


今までの記事。

1.アミノ酸編
2.脂肪酸編
3.ミネラル前編

続きを読む
ニックネーム 葉月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

猫様の栄養学〜必須栄養素・ミネラル前編〜

新年もあけましてもう1月も後半に入ろうという日程でございますが。

……正月休みに編集し直すと言っていたはずの栄養学、綺麗さっぱり復活せず、お待たせしてしまいました。ごめんなさい。
シリーズは書き終わってますので、どんどん上げて行きますねー。

今までの記事
1.アミノ酸編
2.脂肪酸編
ミネラルというと、葉月には思い浮かべるものがあります。
夏場よく見る、松島トモ子さんご出演のミネラル麦茶のCMでございます……。

そんなことはさておき、今回はミネラルのお話でございます。
皆様、頭がっつり使いますので、まずはお膝に猫様をどうぞ。

今回、ミネラルに関しては、一つ一つの必須栄養素を述べていく前に、心構えとして覚えておかなくてはいけないことがあります。
ミネラルは、摂取しすぎたり不足したりすると、健康を害します。
また、各ミネラルには、他のミネラルとのバランスを適正に保つ必要がありますので注意が必要です。
そして、各栄養素は決して一つではなく、複数のバランスを適正に保つことによって成り立っています。
なくてはならないものであり、過剰であってはならないということで、私も注意して書いて参りたいと思います。
関連のある栄養素はまとめて書くように致しますので、どぞ堅い話ですがお付き合いくださいませ。


☆★ミネラル★☆
ニックネーム 葉月 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

昨今のち様のごはん事情

最近、食欲旺盛なち様。
手術をすると食べるようになるって先生は仰ってましたけど、本当にすごい勢い。
今まで、ごはんの催促なんてしなかった子が……(食が細いんじゃないかと思って心配してました)……おなかがすいたー!! ってあおーんあおーん言ってます。
あまりにも食べるので、葉月はちょっと心配です。

くびれチェックと腹たぷチェック、そして肋骨チェックは欠かしませんが、とりあえず朝はソリッドゴールド+ANFのブレンドを30グラム。
ちなみに、このANFはキトンです。
えぇ、まだキトン食ってます。
今回、手術時に出血が多かったということなので、造血作用を期待して、急激な成長に必要なだけの栄養素を含むキトンフードを継続しています。
まぁ、皮下脂肪の多さに先生から、「もう大人食!!」って言われましたけど、免疫力が落ちる方が大問題。
鉄分その他が失血と共に失われてますので通常よりも免疫力の低下は避けられません。
しばらくはキトンの比率を多めで継続しました。(今は半々くらい)
腹の毛が生え揃った頃にはなくなる計算でございますよ。
たぶんご飯が変わるのは1/10頃、この頃には、お次・ANFのアダルト+ソリッドゴールドが待っています。

ちなみに、あまりにもかりんぽりんと急いで食べ、一瞬にしてご飯がなくなるの
で、まずウェットフードを一口分くらい先に食べさせてちょっと腹ふくれさせと
いて、一気食い防止。吐く回数減りました。
おやつは、主に生肉とウェットフード。
生肉は、その日のご飯のおすそ分けでございます。
砂肝に、ハツ。手羽先に、牛肉、刺身、ささみ。
市販のおやつより、断然目の輝きが違います。
期待の視線が刺さるくらい。
それ以外にも、馬肉くん・鶏シチュー・ねこたまの贅沢・ペット用おかゆなども定番。
一袋あけて、その日食べるお皿と三つの一口サイズのタッパーにつめて、四日間。
朝、ウェットをあげることもありますけれど、たいていは四日間同じメニューでございます。
最近は、鶏シチューのササミ&野菜のお野菜も、残さず食べられるようになりましたω
子供のようにグリーンピースもにんじんも残してましたけど、最近はぺろりと食べます。
馬肉は、どちらかというと回復メニューにあたります。
なんかくしゃみしてるかなー、という時や、目やにが多いかも、なんていう朝は、ウェットのお皿に馬肉を出します。
千歳は、鼻の頭に油つけながら食べてますω
私の養育方針は、ちょっとした症状ならご飯で治す、というのを基本としておりまして、ちょっとハイカロリーにしてあげたり、しそ油をなめさせたり、山羊ミルクを混ぜたり、免疫力を強化する方向で食事を調整します。
薬を飲んでも結局は体力勝負で、モノを言うのは自身の免疫力だから、ちょっとしたことならまず落ち着いてごはんに+αを考える。
……まぁ、うちのかかりつけがすぐ閉まっちゃうってこともあるんですけど。
……そうこうしていたら、ち様はちょいと皮下脂肪がたまってしまったので、今はきちんと、足した分は減らすようにしていますけれども。
でも、格段に病気しなくなったような気がします。
先生にも花丸頂いてますもの。
もともと良くお水を飲んでくれる子である事も幸いして、元気に過ごしています。
元気に食べて元気に出す!(失礼!!) そして駆け回る!!

今月のねこのきもちで、猫用の薬は実はとても少ないという話が載っていて、よりいっそうそう思うようになりました。
人だって、薬の成分は肝臓にたまっちゃうんだから、呑まずに済むなら呑ませない。
でも、呑まないと辛い症状のときには、すぐに対処して免疫がしっかり働くようにする。
それが、葉月流でございます。
いやー、決して獣医さんを信用しないわけではないんですけどねー。
ただ、食べ物で改善できるとしたら、それはこの小さな子にはとてもいいことではないかなと思うのです。
でありますので、危険な症状でなければまず一日は食事療法。

そんなわけで、ちーは元気です。

おだやかに健やかに、のびのび育って、今日もまぁまを踏み台&足蹴にしております。……まぁまは嬉しいやら、踏み台にされて悲しいやら悔しいやら……。
ニックネーム 葉月 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ちとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする